コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラジル民主運動党 ブラジルみんしゅうんどうとうPartido do Movimento Democratico Brasiliero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラジル民主運動党
ブラジルみんしゅうんどうとう
Partido do Movimento Democratico Brasiliero

略称 PMD。ブラジルの中道政党。 1979年 11月,政党の組織化に関する規制が緩和されたのに伴い,旧ブラジル民主運動を離れて結成された政党。 81年には人民党を吸収して勢力を拡大。 85年1月に行われた間接選挙による大統領選挙にはタンクレード・ネーベス候補が野党連合候補として当選したが,同年3月に病死。自由戦線党のジョゼ・サルネイ副大統領が昇格し新政権が発足したが,PMDは与党として政権を維持し,88年改定の新憲法をまとめあげた。 90年 10月の総選挙でも上下両院で第1党を確保。 94年 10月の大統領選挙にはオレスラス・ケルシアが出馬したが,ブラジル社会民主党のフェルナンド・エンリケ・カルドゾに敗北。 98年 10月の総選挙では下院で自由戦線党に第1党の座を奪われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブラジル民主運動党の関連キーワード自由戦線党[ブラジル]コロル・デ・メロブラジル進歩党

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブラジル民主運動党の関連情報