コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッテン Walter Houser Brattain

大辞林 第三版の解説

ブラッテン【Walter Houser Brattain】

1902~1987) アメリカの実験物理学者。ショックレー・バーディーンとともにトランジスタを発明。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッテン
ぶらってん
Walter Houser Brattain
(1902―1987)

アメリカの固体物理学者。中国の厦門(アモイ)生まれ。ワシントン州で育ち、1929年ミネソタ大学大学院で学位を取得。その後ベル電話研究所(後のベル研究所)に入り、同研究所において半導体の実験的研究に従事。彼が進めた表面物理・薄膜物理に関する基礎研究は、その後の世界の半導体表面研究の発展の契機となり、電界効果トランジスタとして結実し、今日のエレクトロニクス発展の土台となっている大規模集積回路(LSI)を生み出すに至った。「半導体の研究、トランジスタ効果の発見」により、1956年ショックレー、バーディーンとともにノーベル物理学賞を受けた。[大友詔雄]
『中村誠太郎・小沼通二編『ノーベル賞講演 物理学 第8巻』(1980・講談社) ▽マイケル・リオーダン、リリアン・ホーデスン著、鶴岡雄二、ディーン・マツシゲ訳『電子の巨人たち』上下(1998・ソフトバンク出版事業部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブラッテンの関連キーワードウィリアム・ブラッドフォード ショックリージョン バーディーントランジスター電気工学時計

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android