ブランキスム(英語表記)〈フランス〉blanquisme

デジタル大辞泉の解説

ブランキスム(〈フランス〉blanquisme)

大衆の力によらず、少数の精鋭の直接行動によって政権を奪取しようとする思想。フランスの革命家ブランキが主唱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブランキスム【blanquisme】

少数精鋭の暴力的な直接行動によって、政権を奪取しようとする革命思想。フランスの革命家ブランキが唱えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ブランキスム

〘名〙 (Blanquisme) プロレタリアート解放のために、少数の革命家の武装蜂起によって独裁権力を樹立しようとする革命方式。ブランキの主唱したもの。
※平民新聞‐明治四〇年(1907)三月二三日・直接行動の意義〈秀湖生〉「ブランキズム時代の暴動奇襲」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のブランキスムの言及

【一揆主義】より

…フランスでは,すでにフランス革命時代にバブーフによってプロレタリア革命の理論的展望が開かれていたが,その伝統を継承したのがブランキであり,彼の考え方(ブランキスムblanquisme)が一般に一揆主義と呼ばれる。ブランキは,その生涯の半分近くの33年間を獄中で送った革命家で,少数エリートによる権力奪取を説いた。…

※「ブランキスム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android