コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラングイン Frank Brangwyn

2件 の用語解説(ブラングインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラングイン【Frank Brangwyn】

1867‐1956
イギリスの画家,版画家,デザイナーベルギーブリュージュに生まれ,7歳よりロンドンに住む。建築家の父およびW.モリスの下で修業。印象派風の風景画を主とするが,のちに壁画の注文を多く受け,装飾的傾向を強める。パリのS.ビングの店の装飾を依頼され,また商品としての家具やステンドグラスデザインを行う。第1次大戦中は戦争画家としてポスターを制作。また,松方幸次郎と親交があり,彼の依頼で,東京・麻布に構想された美術館の設計(1920)も手がけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラングイン
ぶらんぐいん
Sir Frank Brangwyn
(1867―1956)

イギリスの画家。ベルギーのブリュージュに生まれ、1875年ロンドンに移る。82~84年ウィリアムモリスの工房で助手をつとめたのち、地中海スペインモロッコを旅行。この旅行が彼のカンバス鮮やかな輝くばかりの色彩と豊かな装飾性をもたらすことになった。その後、しだいに公共施設の壁画を多く手がけるようになり、イギリスよりもむしろ大陸で高い評価を得た。代表的な仕事に、S・ビングの店のためのアール・ヌーボーの装飾(1895~96)や、ロンドン取引所の壁画『近代商業』(1906)、イギリス上院のための壁画(1924~33)などがある。1919年ロイヤル・アカデミー会員。[谷田博行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラングインの関連キーワードアルトドルファーデューラードーミエホガースイギリスオランダ戦争イギリス巻白のレリーフ世の光イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone