コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松方幸次郎 まつかたこうじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松方幸次郎
まつかたこうじろう

[生]慶応1(1865).12. 鹿児島
[没]1950.6.24. 東京
実業家。松方正義の3男。エール大学ソルボンヌ大学に学び,1896年神戸の川崎造船所社長に就任。第十五銀行を背景とした資金と有能な技術者を集めて積極的拡大経営を展開,明治末から第1次世界大戦期にかけて同造船所を日本有数の大造船所に育てた。大戦時から製鉄,機械,海運など関連分野にも進出したが,昭和恐慌時に経営危機に陥り,引退。西洋絵画収集家としても知られ,松方コレクションを残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

松方幸次郎【まつかたこうじろう】

実業家,美術品収集家。鹿児島県出身。松方正義の三男。イェール大学ソルボンヌなどで学び,1896年川崎造船所社長に就任。軍艦の建造を中心に発展したが,昭和恐慌の際の不振で1928年辞任。
→関連項目川崎重工業[株]松方三郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松方幸次郎 まつかた-こうじろう

1866*-1950 明治-昭和時代の実業家,美術品収集家。
慶応元年12月1日生まれ。松方正義(まさよし)の3男。アメリカのエール大,フランスのソルボンヌ大でまなぶ。明治29年川崎正蔵にまねかれて川崎造船所社長となる。45年衆議院議員(当選4回,日本進歩党)。昭和2年の金融恐慌のため翌年社長を辞任。ヨーロッパで収集した美術品は「松方コレクション」として知られる。昭和25年6月24日死去。84歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松方幸次郎

没年:昭和25.6.24(1950)
生年:慶応1.12.1(1866.1.17)
明治大正期の実業家。松方正義,満佐子の3男。鹿児島生まれ。東大予備門中退後,明治17(1884)年アメリカに留学。エール大学で法学博士号を取得し,23年帰国。日本火災副社長などを務めたのち,川崎正蔵 の創立した川崎造船所社長に29年に就任し,積極的な拡張戦略を遂行して,同社を一時は日本最大の造船企業に成長させた。本領が最も発揮されたのは第1次世界大戦期で,自らヨーロッパに出向き,同地から著名なストック・ボート政策や多角化を指揮した。その結果,同社は海運,製鉄部門を擁する巨大企業になったが,戦後の不況期には積極策が失敗して経営が危機を迎えたため,昭和3(1928)年に社長を退任した。この間,神戸商工会議所会頭のほか,神戸瓦斯など多数の企業に関係した。その後,7年にソ連の石油の輸入に従事,11年から敗戦まで衆院議員を務めた。松方コレクションと呼ばれる美術品を収集したことでも有名である。

(柴孝夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつかたこうじろう【松方幸次郎】

1865‐1950(慶応1‐昭和25)
明治・大正期の造船企業家,松方コレクションの収集家。松方正義の三男として鹿児島で生まれ,ラトガーズ大学を経て1890年(明治23)にイェール大学で民法の博士号を得,96年株式会社川崎造船所の初代社長に就任。第1次大戦中にストックボートを大量生産したが,戦後の不況期にも強気の経営で多角化を進めたため,1927年(昭和2)の金融恐慌のときに同社は破綻し,翌年社長を辞任した。この間,神戸新聞,九州電気軌道,神戸瓦斯,国際汽船の社長にも就任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松方幸次郎
まつかたこうじろう
(1865―1950)

明治・大正・昭和期の実業家。松方正義の三男として薩摩(さつま)(鹿児島県)に生まれる。大学予備門を中退、エール、ソルボンヌ、オックスフォード各大学で法学を専攻した。帰国後、内閣書記官を経て、川崎造船所初代社長に就任。同社在任中、一貫して積極的な経営戦略を展開し、第一次世界大戦時には同社を日本最大の造船企業に成長させたが、大戦後の不況期にその拡大戦略は行き詰まり、1927年(昭和2)には同社を破綻(はたん)させ、翌28年その責を負って同社を辞任した。その後32年ソ連との間に石油輸入協定を締結、松方日ソ石油を組織してその販売にあたった。なお政界にも意欲を示し、明治に一期、昭和に入って三期衆議院議員を務めた。また美術品の収集家としても著名で、その収集品は松方コレクションとして知られ、現在、西洋美術品は国立西洋美術館に、浮世絵は東京国立博物館に所蔵されている。[柴 孝夫]
『藤本光城著『松方・金子物語』(1960・兵庫新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松方幸次郎の言及

【国立西洋美術館】より

…サンフランシスコ講和条約(1951)後,フランスから日本政府に寄贈される形で返還されることになった松方コレクションを保管公開する目的で,1959年6月に開設された。同コレクションは実業家松方幸次郎(1865‐1950)が滞欧中に収集した膨大な美術品で,第2次大戦時フランスに残留した部分は,ロダンの彫刻,印象派の絵画を中心とした19世紀後半から1920年代に至るフランス美術の集成であった。収蔵作品数は約850点(1983年末)で,ティントレット,ルーベンス,ロイスダール,ドラクロア,コロー,モネ,ルノアール,ドガ,セザンヌらの絵画があり,ロダンの彫刻は質量ともにパリ,フィラデルフィアのそれに次ぐ。…

【コレクション】より

… 大正期に入ると西洋美術や近代美術のコレクションも行われるようになった。松方幸次郎(1865‐1950)は明治の政治,財政家松方正義の三男。イェール大学,ソルボンヌ大学に学んで実業界に入り,1920年代の数年間で疾風のようにフランスの近代絵画,彫刻,また流出していた浮世絵(旧ベベール・コレクション)を収集した。…

【ブラングイン】より

…第1次大戦中は戦争画家としてポスターを制作。また,松方幸次郎と親交があり,彼の依頼で,東京・麻布に構想された美術館の設計(1920)も手がけている。【湊 典子】。…

※「松方幸次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松方幸次郎の関連キーワード国立西洋美術館〈本館〉フランク ブラングイン川崎重工業[株]東京国立博物館国立西洋美術館ブラングイン松方 正義川崎芳太郎昭和時代地獄の門パーマーロダン松方巌没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松方幸次郎の関連情報