コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリエンツ湖 ブリエンツコ

デジタル大辞泉の解説

ブリエンツ‐こ【ブリエンツ湖】

Brienzer See》スイス中部、ベルン州、ベルナーオーバーラントにある湖。標高564メートル。長さ15キロメートル、幅3キロメートルの細長い形をしている。湖畔の主な町は北東岸にあるブリエンツ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブリエンツこ【ブリエンツ湖】

スイス中央部のベルナーオーバーラント(ベルン高地)観光の拠点、インターラーケン(Interlaken)の近くにある、山々に囲まれた細長い湖。長さ15km、幅3km。インターラーケンをはさんで反対側にトゥーン湖がある。◇ブリエンツ湖の北岸、ロートホルン山(標高2245m)の麓にあるブリエンツ(Brienz)は木彫りの町として有名で、ロートホルン山の山頂に通じるラック式の登山鉄道(ブリエンツロートホルン鉄道)がある。この湖には5隻の大型クルーズ船が就航し、4月上旬から10月中旬までの期間、ブリエンツからギースバッハを経由してインターラーケンへと結ぶ航路を運行している。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリエンツ湖
ぶりえんつこ
Brienzer See

スイス中部、ベルナー・オーバーラントにある湖。標高564メートルに位置し、面積29.8平方キロメートル、最大水深261メートル。西にあるトゥーン湖とはかつてつながった一つの湖であったが、現在はリュチネ川の三角州で分けられている。両湖を経てアーレ川がほぼ東西に貫流し、集落、鉄道、道路は右岸(北側)にあるが、そのすぐ北に迫る急斜面で雪崩(なだれ)が頻発する。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブリエンツ湖の関連キーワードシュバイツァーベルン州

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android