ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト(読み)ブリュールのアウグストゥスブルクじょうとべっていファルケンルスト

世界遺産詳解の解説

ブリュールのアウグストゥスブルクじょうとべっていファルケンルスト【ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト】

1984年に登録された世界遺産(文化遺産)。ブリュールはドイツ西部の都市で、ケルンから約12km南に位置する。アウグストゥスブルク城はドイツ・ロココ様式の宮殿で、ケルンのクレメンス・アウグスト大司教により18世紀に建てられた。その後、フランソワ・ド・キュヴィイエの設計により、1728年から40年の歳月をかけて改築された。バルタザール・ノイマンが手がけた豪華な装飾壁柱のある階段室は広く知られている。別邸ファルケンルストは狩猟の際に使用した建物で、1729~1740年に建造された。ケルン大司教の東洋趣味が取り入れられ、ロココ様式とシノワズリが融合している。◇英名はCastles of Augustusburg and Falkenlust at Brühl

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android