コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルカノ[島] ブルカノ

2件 の用語解説(ブルカノ[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ブルカノ[島]【ブルカノ】

イタリア南部,リパリ諸島最南端の活火山島。泥と温泉による治療で知られる。最高点は南部のアリア山。北端のブルカノ火山(標高500m)は成層火山で,火口の直径は約500m。
→関連項目地中海火山帯リパリ[諸島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブルカノ[島]【Vulcano】

イタリア南端,ティレニア海のリパリ諸島に属する島。7km×3.5kmの楕円形で,人口約450人。夏季には,ヨーロッパ各国からバカンス客が多数訪れる。島の北部に直径3kmの馬蹄形凹地が北へ開き,その中央に底面直径2km,標高390mのブルカノ火山(別名グラン・クラテーレGran Cratere)がある。頂上には直径約500m,深さ約100mの火口がある。その溶岩はSiO258~60%,含カンラン石玄武岩質安山岩あるいは粗面岩である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブルカノ[島]の関連キーワードプロチダ島リパリ諸島イタリア半島ストロンボリアリクーディ島サリーナ島ティレニア海バジリカータブルカノリパリ島

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone