地中海火山帯(読み)ちちゅうかいかざんたい

日本大百科全書(ニッポニカ)「地中海火山帯」の解説

地中海火山帯
ちちゅうかいかざんたい

地中海北部からギリシアを経てコーカサスへ至る第四紀(過去約258万年間)の火山の地理的分布のことで、環太平洋火山帯に対して用いられる。アフリカプレートがユーラシアプレートの下に沈み込むことに関係して生じた西側の火山群と、ユーラシアプレートとアラビアプレートとの衝突に関係してできた東側の火山群とがある。岩石はアルカリ元素に富む玄武岩、安山岩、粗面岩、流紋岩などを含む。イタリアのベスビオ、ストロンボリブルカノ、エトナ、ギリシアのサントリンなど、紀元前数世紀から噴火記録がある活火山が多く、近代科学としての火山研究も、18世紀後半にこれらの活火山で芽生えた。

諏訪 ・中田節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android