コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルガリア民主勢力同盟 ブルガリアみんしゅせいりょくどうめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルガリア民主勢力同盟
ブルガリアみんしゅせいりょくどうめい

略称 UDF。ブルガリアの政党。民主化要求が高まった 1989年 12月,16団体の連合組織として結成された。複数政党制,民主的憲法の制定,自由選挙など政治の民主化を要求し,90年6月の選挙では社会党 (旧共産党) に次ぎ第2党に躍進した。その後も民主勢力同盟の民主化要求運動は続いたため,同年7月社会党のムラデノフ大統領が辞任,同年8月にはジェリュ・ジェーレフ UDF議長が大統領に就任した。 91年 10月の選挙では 111議席を得て第1党になり,フィリプ・ディミトロフ議長が首相に就任した。しかし,同首相は 92年辞任し,後任にベロフ大統領経済顧問が選出された。その後党内はジェーレフ派とディミトロフ派に分裂,さらに 93年なかばには保守勢力が台頭するなど混乱に陥った。それに加え政党間の争いが激しくなったことから,94年9月にベロフ内閣は総辞職となった。同年 12月に行われた解散総選挙で UDFは 69議席にとどまり,党首にイワン・コストフを選出,野党第1党として社会党政権との対立姿勢を強めていった。 96年 11月の大統領選挙では,経済混乱を招いた社会党政権を批判し,UDFのペタル・ストヤノフが当選。 97年4月の総選挙では 240議席中 137議席を獲得し圧勝,同年5月にはコストフ議長を首相とする内閣が発足した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブルガリア民主勢力同盟の関連キーワードマラウイフランス民主連合ユニバーサルデザインフードビング ムタリカジャンピエール ラファラン国民戦線ジスカール・デスタンヴァレリー ジスカール・デスタンフランソワ バイルバキリ ムルジ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android