コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コストフ Kostov, Traicho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コストフ
Kostov, Traicho

[生]1897.6.16. ソフィア
[没]1949.12.16. ソフィア
ブルガリアの政治家。 1919年青年共産同盟で活動し,20年共産党に加入,23年9月の蜂起で8年の刑を受けた。 30年ソ連へ行きコミンテルンで活動。 40年に帰国,党中央委員会書記として反ファシズム闘争を指導。 45年党政治局員,46年副首相兼経済財政委員会議長として2ヵ年計画を立案。ソ連の収奪的政策に反抗したため 49年3月に地位を追われ,7月に逮捕されたのち処刑された。 56年4月に名誉回復。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コストフ
こすとふ
Trajcho Kostov
(1897―1949)

ブルガリアの政治家。1920年ブルガリア共産党に入党し、31年より党中央委員会委員。30~31年、32~34年ソ連に亡命し、コミンテルン執行委員会で活動した。40年からは労働者党中央委員会書記として自国内で反ファシスト運動の組織化に努めたが、42年に逮捕され、終身刑を受けた。44年9月、共産党を中心とする祖国戦線が権力を掌握すると刑を解かれ、共産党中央委員会書記(1944~46)、閣僚会議副議長(1946~49)などの要職を務めた。しかし、G・ディミトロフの死の直後の49年に国家転覆のかどで処刑され、スターリン主義の犠牲となる。56年、死後に名誉回復された。[寺島憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

コストフ

生年月日:1897年6月17日
ブルガリアの政治家
1949年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

コストフの関連キーワードブルガリア民主勢力同盟アントン ユーゴフシルバニア鉱カラベラス鉱クレンネル鉱唾腺染色体生年月日ユーゴフジフコフ蜂起

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android