コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニバーサルデザインフード universal design food

デジタル大辞泉の解説

ユニバーサル‐デザイン‐フード(universal design food)

高齢・病気などで噛むや飲み込む力が弱くなった人のために、食べやすく配慮された加工食品日本介護食品協議会規格を定め、食品のかたさや粘度に応じて「容易にかめる」「歯ぐきでつぶせる」「舌でつぶせる」「かまなくてよい」の4段階に区分。適合する商品にロゴマークと区分が表示される。UDF

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ユニバーサルデザインフード

かむ力や飲み込む力が弱くなった人のために食べやすさに配慮した加工食品。「かたさ」や「粘度」に応じて4段階に区分され、商品に表示されている。食品メーカーなどでつくる日本介護食品協議会が規格を定めた。

(2014-01-16 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユニバーサルデザインフード
ゆにばーさるでざいんふーど

加齢や病気などによってかむ力や飲み込む力が弱くなった人のために、食べやすく配慮された加工食品。レトルト食品や冷凍食品が中心である。食品メーカーが中心となって設立した日本介護食品協議会の定めた自主規格で、制度に適合した食品には、外装にロゴマークと食品の状態を示した区分表示が記載されている。英語表記universal design foodの頭文字をとってUDFと略される。ユニバーサルデザインフードの表示は、おもに小売り向けの食品に用いられている。
 UDFは固さと粘度により状態別に区分されている。固さについては、かむ力と飲み込む力により以下の4段階がある。(1)容易にかめる(大きいものや固いものはやや食べにくいが、普通に飲み込める人向け。イメージはふつうから柔らかめのご飯、焼き魚、厚焼き卵)、(2)歯ぐきでつぶせる(固いものや大きいものは食べにくく、ものによっては飲み込めないことがある人向け。イメージは柔らかいご飯から全粥(ぜんがゆ)、煮魚、だし巻き卵)、(3)舌でつぶせる(細かく柔らかいものであれば食べられるが、水やお茶が飲み込みにくいことがある人向け。イメージは全粥、とろみあんをかけた魚のほぐし煮、スクランブルエッグ)、(4)かまなくてよい(固形物は小さくても食べにくく、水やお茶も飲み込みにくい人向け。イメージはペースト粥、白身魚の裏漉(ご)し、具なしで柔らかい茶碗(ちゃわん)蒸し)。粘度については、とろみの強さにより以下の4段階がある。1プラス(フレンチドレッシング状)、2プラス(とんかつソース状)、3プラス(ケチャップ状)、4プラス(マヨネーズ状)。UDFには主食、主菜、副菜、デザートなどの食品のほか、適度なとろみ(粘度)をつけることで飲食物を飲み込みやすくするための「とろみ調整食品」もあり、2015年2月末時点で1427品目が登録されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ユニバーサルデザインフードの関連キーワード高齢

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android