コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルークマン ブルークマンBrugmann, (Friedrich) Karl

4件 の用語解説(ブルークマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルークマン
ブルークマン
Brugmann, (Friedrich) Karl

[生]1849.3.16. ウィースバーデン
[没]1919.6.29. ライプチヒ
ドイツの言語学者。インド=ヨーロッパ語族比較言語学の専門家で,ライプチヒ大学で長くサンスクリット語と比較言語学を講じ,青年文法学派の中心の一人。主著は H.オストホフと共著の『形態論研究』 Morphologische Untersuchungen (1878) ,B.デルブリュックと分担執筆した『インド=ゲルマン諸語比較文法概要』 Grundriss der vergleichenden Grammatik der indogermanischen Sprachen (86~93) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブルークマン(Karl Brugmann)

[1849~1919]ドイツの言語学者。青年文法学派の中核としてインド‐ヨーロッパ語学・比較言語学の研究に多大な業績を残した。著「インド‐ゲルマン語比較文法綱要」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ブルークマン【Karl Brugmann】

1849~1919) ドイツの言語学者。比較言語学に革新的な業績をあげ、青年文法学派の中心となって活躍した。主著「印欧語比較文法概説」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブルークマンの関連キーワードジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩武江年表スロバキア文学日舞花柳流宗家家元の花柳壽輔死去広岡浅子ライカカメラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone