ブルークマン(英語表記)Brugmann, (Friedrich) Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルークマン
Brugmann, (Friedrich) Karl

[生]1849.3.16. ウィースバーデン
[没]1919.6.29. ライプチヒ
ドイツの言語学者。インド=ヨーロッパ語族比較言語学の専門家で,ライプチヒ大学で長くサンスクリット語と比較言語学を講じ,青年文法学派の中心の一人。主著は H.オストホフと共著の『形態論研究』 Morphologische Untersuchungen (1878) ,B.デルブリュックと分担執筆した『インド=ゲルマン諸語比較文法概要』 Grundriss der vergleichenden Grammatik der indogermanischen Sprachen (86~93) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブルークマン(Karl Brugmann)

[1849~1919]ドイツの言語学者。青年文法学派の中核としてインド‐ヨーロッパ語学・比較言語学の研究に多大な業績を残した。著「インド‐ゲルマン語比較文法綱要」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブルークマン【Karl Brugmann】

1849~1919) ドイツの言語学者。比較言語学に革新的な業績をあげ、青年文法学派の中心となって活躍した。主著「印欧語比較文法概説」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ブルークマン

(Karl Brugmann カール━) ドイツの言語学者。ライプチヒを中心とする青年文法学派の指導者。インド‐ヨーロッパ語学を研究、文献学と比較言語学の橋渡しに努めた。主著「ギリシア語文法」「印欧語比較文法概説」(共著)。(一八四九‐一九一九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android