ブルース ウィリス(英語表記)Bruce Willis

20世紀西洋人名事典の解説

ブルース ウィリス
Bruce Willis


1955.3.19 -
俳優
ドイツ(旧西ドイツ)生まれ。
西ドイツ駐留米陸軍軍人の父と、ドイツ人の母の間に生まれ、2年後にアメリカへ移り、高校卒業後転々と職を変えたのち、マウントクレア州立大学で演劇を学んだ。1981年に「プリンス・オブ・シティ」の端役で映画に初出演し、’85年の「こちら、ブルームーン探偵社」のテレビシリーズで人気がでた。’87年に「ブラインド・デート」で主演し、プロダクションも設立し、仕事も映画中心に移した。’87年に女優デミ・ムーアと結婚している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ブルース ウィリス

生年月日:1955年3月19日
アメリカの俳優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

ブルース ウィリス
Bruce Willis

職業・肩書
俳優

国籍
米国

生年月日
1955年3月19日

出生地
西ドイツ・イーダー・オーバーシュタイン(ドイツ)

本名
Willis,Bruce Walter

学歴
マウントクレア州立大学(演劇)中退

受賞
ゴールデン・グローブ賞(テレビ・ミュージカルコメディ男優賞,第44回,1986年度)「Moonlighting」,エミー賞〔1987年〕

経歴
父は米国軍人、母はドイツ人。1957年米国に移住。高校卒業後、職を転々とする。大学で演劇を専攻、’77年ニューヨークで「天国と地獄」の舞台に立つ。’81年「プリンス・オブ・シティ」の端役で映画デビュー。バーテンダーとして生活を支えながらオーディションを受け、’85年ABCテレビのシリーズ「こちら、ブルームーン探偵社」に出演し、人気を得る。のち仕事の中心をテレビから映画に移し、プロダクションも設立。’86年歌手デビュー。’87年「ブラインド・デート」で映画初主演。’88年アクション大作「ダイ・ハード」でマクレーン刑事を演じて大ヒットし、以後シリーズ化されスターの地位を獲得。主演、助演にこだわらず幅広い演技で活躍を続ける。他の作品に「ベイビー・トーク」(声のみ,’89年)、「ダイ・ハード2」(’90年)、「愛を殺さないで」(’90年)、「永遠に美しく」(’92年)、「パルプフィクション」(’94年)、「ダイ・ハード3」(’95年)、「12モンキーズ」(’95年)、「フィフス・エレメント」(’97年)、「ジャッカル」(’97年)、「アルマゲドン」(’98年)、「シックス・センス」(’99年)、「アンブレイカブル」「隣のヒットマン」「キッド」(2000年)、「バンディッツ」(2001年)、「ジャスティス」(2002年)、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」(2003年)、「オーシャンズ12」(2004年)、「ホステージ」「シン・シティ」(2005年)、「16ブロック」(2006年)、「ダイ・ハード4.0」「パーフェクト・ストレンジャー」(2007年)、「エクスペンダブルズ」(2010年)など。1987年女優のデミ・ムーアと結婚し3女をもうけたが、2000年離婚。のちモデルのエマ・ヘミングと結婚。プラネット・ハリウッドの共同経営者としても知られる。1991年、’99年、2005年来日。日本のCMにも出演。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルース ウィリスの関連情報