コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブージ Bhuj

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブージ
Bhuj

インド西部,グジャラート州西部の町。カッチ湾カッチ大湿地との中間の低地に位置。後背地で生産されるコムギオオムギ綿花をはじめ家畜,塩などの交易中心地で,綿織物,銀製品などの手工業も行われる。人口9万 1901 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブージ(Bhuj)

インド西部、グジャラート州の都市。パキスタンとの国境に近いカッチ湿地帯の中心地。16世紀半ばにラオ=ケーンガルジ1世が藩王国を建て、1948年までその都が置かれた。城壁に囲まれた旧市街には、藩王の宮殿やヒンズー教寺院がある。近郊には刺繍などの伝統工芸が盛んな村が点在し、北郊に塩湖(塩原)が広がる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブージの関連キーワードブルゴーニュワインナイメーヘンの講和ボストン美術館アイナマハルスヘバートル広島県竹原市マラータ王国プラグマハルアンデス山脈ビジャーヤサハラ砂漠ダムタイプドネプル川マビューズベジャイアブージ地震印象主義メディナビゼールルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブージの関連情報