コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プトレマイオス8世エウエルゲテス2世 プトレマイオスはっせいエウエルゲテスにせいPtolemaios VIII Euergetēs II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プトレマイオス8世エウエルゲテス2世
プトレマイオスはっせいエウエルゲテスにせい
Ptolemaios VIII Euergetēs II

[生]?
[没]前116
プトレマイオス朝の王 (在位前 145~116) 。太鼓腹 (フュスコン) とあだ名された。ローマの協力,介入のもとに王位を確保。最初は兄プトレマイオス6世と共同統治し,その後キュレネ王 (在位前 163~145) となった。前 145年以後は単独で王位についた。前王妃クレオパトラ2世とは仲が悪く,内乱や経済の混乱が続いたが,前 118年大改革を実施。また前 117年頃王の遠征隊が紅海とインド洋を経てインドと香料貿易を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プトレマイオス8世エウエルゲテス2世の関連キーワードプトレマイオス9世ソテル2世エウドクソス[キュジコス]クレオパトラ3世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android