プライバシー保護(読み)ぷらいばしーほご

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プライバシー保護

コンピューターのネットワーク上を流れる個人情報漏洩を保護すること。または、そのための技術や法規制の総称通信ネットワークの利用拡大を背景に、個人情報の漏洩や不正アクセス、不正使用を防ぐために、ハードウェアソフトウェアの両面から技術的なセキュリティの強化が図られている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

プライバシー保護

自己に関する情報の流れをコントロールする権利の保護.プライバシーは,米国で19世紀末に「ひとりで居させてもらいたい権利」として論じられて以来,長い論議を経て,今日ではより積極的な意味を持つまでに理解が深まっている.コンピュータと通信技術の発達に伴い,個人情報が漏洩する危険が生じ,個人情報の保護対策が必要となったが,その根拠となるのがプライバシー権である.1980年に経済協力開発機構(OECD: Organization for Economic Cooperation and Development)は,「プライバシー保護と個人データの国際流通についてのガイドラインに関するOECD理事会勧告」の中で,収集の制限,データ内容の原則,目的明確化の原則,利用制限の原則など八つの原則を定めており,これは各国の個人情報保護法の基礎となった.図書館における個人情報としては,利用者の氏名や住所,来館記録,利用記録などがあり,プライバシー保護については,日本では,1974(昭和49)年の東村山市立図書館設置条例の「利用者の秘密を守る義務」以来,対策がとられてきている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プライバシー保護の関連情報