コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラロー Phra L(■1)

世界大百科事典 第2版の解説

プラロー【Phra L(■1)】

タイのアユタヤ朝初期の韻文作品。完成年,作者ともに不明。長短不同のラーイ詩(語り)とクローン詩(歌い)660首を組み合わせたリリット詩形式の物語。タイ版《ロミオとジュリエット》といえる。タイ建国前の11世紀ごろ北タイに発生した悲惨な事件の伝承を物語にしたもので,プラロー王と敵国の2人の王女は美男美女の噂に互いに相思相愛となり,3人はひそかに結ばれるが,喜びもつかのま,襲撃されて王,姫,侍従,侍女らが皆勇敢に戦い,壮烈な戦死を遂げる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

プラローの関連キーワードビラ・ファルネーゼツッカロ兄弟ビニョーラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android