コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリアポス プリアポス Priapos

3件 の用語解説(プリアポスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリアポス
プリアポス
Priapos

ギリシア神話の神。巨大な男根の持主で,畑や家畜の群れをたたりから守り,豊穣と繁殖を保証すると信じられ,農夫や牧人たちに崇拝された。普通アフロディテディオニュソスの子とされ,サチュロスシレノスとともにディオニュソスに従うとされるが,別伝ではゼウスアフロディテの子ともいわれ,嫉妬したヘラが,妊娠したアフロディテの腹に触れ,中の胎児をグロテスクな巨根の持主にしてしまったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プリアポス【Priapos】

古代のヘレスポントス(ダーダネルス海峡)地方,とりわけ小アジア側の町ランプサコスで崇拝された豊穣多産の神。巨大な男根をもって象徴され,もっとも性欲の激しい動物と信じられたロバが犠牲に供された。アレクサンドロス大王の東征以後,彼の崇拝がギリシア各地,さらにはイタリアにまで広まると,彼は果樹園や農園の守護神とされて,通例,イチジクの木に勃起した男根を刻んで朱を塗った神像が立てられ,かかしと装飾の用を兼ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プリアポス【Priāpos】

古代のヘレスポントス(ダーダネルス海峡)地方の豊饒の神。ギリシャ、イタリアへ崇拝が広まり、主に果樹園・庭園の守護神として巨大な男根をもつグロテスクな像が立てられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリアポスの関連キーワードレスポンスアイオリス遠泳黒海コレスポンデントダーダネルス海峡ボスポラス海峡コンスタンチノープル海峡東ボスポラス海峡ヘレスポントス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プリアポスの関連情報