コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリディー・パノムヨン Pridi Phanomyong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリディー・パノムヨン
Pridi Phanomyong

[生]1900.5.11. タイ,アユタヤ
[没]1983.5.2. フランス,パリ
タイの政治家。首相(在任 1946.3.~8.)。Pridi Banomyongとも綴る。パリ大学に学び,帰国後司法省に勤務。1932年ピブン・ソンクラームとともに立憲革命に参加。1933年企業を国有化する経済政策を発表して混乱を招き,一時海外に亡命した。帰国後はプラヤー・パポン内閣の内務大臣および外務大臣を歴任,1938年以後はピブン内閣の財務大臣を務めた。1941年12月ピブンの親日政策に反対して辞任,北部に独立政権を樹立しようとしたが失敗した。その後抗日工作を組織,自由タイ運動を指導。1946年3月首相となったが,同 1946年6月国王ラーマ8世が銃弾を受け死亡,その責任を問われ 8月に辞任した。1947年ピブン派によるクーデターのため中国に亡命。1970年初めフランスへ移った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プリディー・パノムヨンの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ内閣総理大臣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android