コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルーイン Pruyn, Robert Hewson

2件 の用語解説(プルーインの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

プルーイン Pruyn, Robert Hewson

1815-1882 アメリカの外交官。
1815年2月14日生まれ。文久2年(1862)ハリスの後任の駐日弁理公使として来日。従来の対日方針を転換しヨーロッパ列国との協調路線をとり,元治(げんじ)元年(1864)英・仏・米・蘭四国艦隊下関砲撃に積極的に参加した。1882年2月26日死去。67歳。ニューヨーク州出身。ラトガーズ大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

プルーイン

没年:1882.2.26(1882.2.26)
生年:1815.2.14
アメリカの法律家,州政治家,幕末の駐日弁理公使。ニューヨーク州の首都オールパニ生まれ。父方は同地で17世紀へさかのぼるフランドル系旧家。1836年ラトガズ大文学修士および弁護士資格取得と同時に市の顧問弁護士となり,のち市会議員,州軍法務部長,州下院議員,議長,軍務局長などを歴任。1861年10月駐日弁理公使に任命され,文久2(1862)年3月着任。祖国は南北戦争,日本は尊攘運動の激化という非常な難局にあって,国務長官シューアド(親友で政治上の先輩)の意を体し,従前の対日方針から一転してヨーロッパ列国代表との協調を推進。連合艦隊大坂湾頭示威による条約勅許強制の策案をいち早く3年に提起し,翌年イギリス公使主導での連合艦隊下関攻撃に積極的に参加。前任ハリスの独自外交の遺産をも最大限に利用し,関税率大幅引き下げの単独交渉に成功するが,軍艦調達の一件で不始末をする。慶応1(1865)年4月賜暇帰国の途に就き,10月辞表提出,退職。

(廣瀬靖子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルーインの関連キーワードアメリカの声アングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカンアメリカンチェリー法律家亜米利加汎アメリカ主義オプラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone