コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かに座 かにざ Cancer

翻訳|Cancer

3件 の用語解説(かに座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かに座
かにざ
Cancer

蟹座。しし座とふたご座の間,赤経約8時 30分,赤緯約 20°にある黄道星座で3月下旬の宵に南中する。すべて4等以下の星で目立たないが,γ,δ,θ,η の4星でつくられた四角形の中にプレセペ星団またはビーハイブ Beehive (蜜蜂の巣) と呼ばれる有名な散開星団 M44が肉眼でぼんやり見られる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

かに座

株式会社シーズが手がけるバリアフリーの椅子。1997年、同社との合併前の株式会社無限工房が企画開発して発売開始(両社は2016年に合併、権利義務はシーズが継承)。立ちあがりやすく、膝への負担が少ないようデザインされている。改良型の「かに座PLUS」もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かに座
かにざ / 蟹座

春の宵、南の頭上高く昇る星座。ふたご座のポルックスと、しし座のレグルスのほぼ中間にある。ギリシア神話では、ヘラクレスに踏みつぶされた大きな化けガニとして登場する。黄道第4星座として古来重要視されてきた星座で、その起源は5000年の昔にさかのぼる。月のない暗夜には、その甲らに相当する部分にぼんやり広がる光芒(こうぼう)が肉眼で認められる。これはM44、またはプレセペとよばれる散開星団で、双眼鏡でも小さな星がハチの群れのようにひとかたまりになった姿を楽しむことができる。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かに座の関連キーワードふたご座流星群ポルックス黄道十二星座冬のダイヤモンドふたごの日ふたりはふたご二子かに座(蟹座)こじし座(小獅子座)ふたご座(双子座)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かに座の関連情報