プレゼンテーション・ソフト(読み)プレゼンテーション ソフト

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プレゼンテーション・ソフト

プレゼンテーションの資料をパソコン上で作成するためのソフトウェア。売り込みたいテーマや企画について、効果的に説得するための技法をプレゼンテーションという。従来は、OHP(オーバーヘッドプロジェクター)やスライド、模造紙などの資料を用いて発表していた。プレゼンテーション・ソフトを使うことで、文字だけでなく、グラフや表、画像、動画、音声などを挿入でき、視覚に訴えるプレゼンテーションが可能。代表的なものに、マイクロソフト社のPowerPointなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

プレゼンテーション・ソフト

ビジネスのアイデアや研究成果などの発表や提案を行うのが「プレゼンテーション」で、そのための資料を作成し、場合によっては再生も行うソフトを「プレゼンテーション・ソフト」といいます。ワープロでは作りにくい、解説図やイラストなどを多用したスライドや配布資料を作成するための機能をもちます。スライドにアニメーション効果や動画、音声などを追加できるようになっています。
⇨PowerPoint

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android