コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロペラ水車 プロペラすいしゃpropeller water turbine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロペラ水車
プロペラすいしゃ
propeller water turbine

プロペラ型の羽根を4~10枚備えた反動水車の一種。 70~80m以下の低落差で水量が豊富な発電所に用いられる。水は案内羽根を経て下向きに流れ羽根車を軸方向に流れてこれを回転させる。落差と流量変化によって羽根の角度を自動的に調節できる可動羽根のもの (→カプラン水車 ) と,常に一定の角度の固定羽根のものとがある。横軸構造のプロペラ水車は約 20m以下の低落差にだけ適用され,円筒ケーシングが用いられるので,チューブラ水車 tublar turbineとも呼ぶ。プロペラ水車の場合,発電所も大きな建物は不要で,半地下式となることが多く,建設費も少くてすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プロペラ‐すいしゃ【プロペラ水車】

船舶のプロペラのような羽根車がある発電用反動水車。低落差で水量の多い場合に適し、カプラン水車がよく用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

プロペラすいしゃ【プロペラ水車】

プロペラ型の羽根車を持つ軸流水車。低落差・大流量に適しており、羽根の角度を変えられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロペラ水車
ぷろぺらすいしゃ

20~40メートルの低落差で、大水量の場合に用いられる水車。1843年にフランスのジョンバルJonvalが考案した。羽根車は船のプロペラによく似ており、羽根車を通過する水は回転軸と直角方向(半径方向)の速度成分をもたないため、軸流水車とよばれることもある。羽根車はボスに4~8枚の鋳鋼またはステンレス鋳鋼製の羽根を取り付けたもので、落差の大きいものほど羽根枚数が多い。羽根のボスへの取付け軸を負荷の変動に応じて回転させ、つねに合理的な羽根角度に調整できるものをとくにカプラン水車という。部分負荷のときにも効率があまり低下しないため、大型のプロペラ水車としてはほとんどカプラン水車が用いられる。[池尾 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプロペラ水車の言及

【水車】より

…現在のような近代的水車の原型とみられるものが現れたのは,18世紀から19世紀にかけてのことである。現在使用されている発電用の近代的水車には,ペルトン水車,フランシス水車,斜流水車,プロペラ水車があり,どの形式を用いるかは,利用可能な有効落差と流量の大小で決まる。また,小出力用水車としてはバルブ水車,貫流水車などがある。…

【水力発電】より

…ペルトン水車がこれに当たり,ノズルから流出するジェットをランナー周辺のバケットに作用させる構造である。これに対して圧力水頭をもつ流水をランナーに作用させる水車を反動水車と呼び,流水が半径方向にランナーに流入し,ランナー内において軸方向に向きを変えて流出する構造のフランシス水車,ランナーを通過する流水の方向が軸に斜めの斜流水車,ランナーを通過する水が軸方向に流れるプロペラ水車がある。また反動水車を逆方向に回転させることによりポンプ機能をもたせることができるので,このようにしたものをポンプ水車といい,フランシス形,斜流形,プロペラ形に分けられる。…

※「プロペラ水車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロペラ水車の関連キーワードフランシス水車無拘束速度沼知福三郎デリア水車船舶

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロペラ水車の関連情報