コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーズー pudu

2件 の用語解説(プーズーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プーズー【pudu】

偶蹄目シカ科の哺乳類。シカ科中最小の種。シカ類としては四肢と首が短く,小型シカ類のつねとして比較的太い胴は背中が弓形に湾曲する。枝分れしない長さ5cm以下の短い角をもつ。体色は灰色から赤褐色ないし暗褐色。マメジカ類よりもわずかに大きい程度で,体長78~93cm,肩高32~42cm,尾長2~3cm,体重7~10kg。チリ,アルゼンチン南部のアンデスチロエ島に分布。森林あるいは茂みに単独,つがい,あるいは小さな家族群ですみ,植物を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プーズー
ぷーずー
pudu

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科マザマジカ属プーズー亜属に含まれる動物の総称。アメリカ産のシカとしては最小で、頭部は寸詰まりの感じがあり、頸(けい)部も短く、背は弓状に湾曲し、全体に丸い感じがする。耳は厚く毛で覆われ卵形。短い角(つの)をもつが、前頭部の毛に隠れて目につきにくい。オナシプーズーMazama (Pudu) mephistophelesと、プーズーM. (P.) puduの2種がある。オナシプーズーはアンデス北部の高地の深い森にすみ、尾がない。肩高35センチメートルぐらいで、毛色は赤褐色。頭部と足は黒っぽい。プーズーはチリ、アルゼンチンなどの森にすみ、肩高30~35センチメートル、体重6~10キログラム、短い尾がある。毛色は、夏は暗赤褐色で、冬は灰褐色。腹部や足は淡い。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プーズーの関連キーワードオタリア偶蹄類花鹿麝香鹿豆鹿海驢ウエムル枝角オルカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プーズーの関連情報