コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーラン・ド・ラ・バール François Poullain de la Barre

1件 の用語解説(プーラン・ド・ラ・バールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プーラン・ド・ラ・バール【François Poullain de la Barre】

1647‐1725
フェミニズム(女性解放)の理論家。パリで神学を学ぶうちにデカルト哲学を知り傾倒,カトリック教義をすてジュネーブに移って語学教師となる。《両性の平等に関する身体および精神論》(1673),《男性優位論》(1675),《婦人教育論》(1679)を匿名で出版し,デカルトの方法的懐疑を社会学,特にフェミニズムに適用し,男性の知的・身体的優越という偏見を打ち破る論を,男性としてはじめて徹底的に展開した。第2作では帰謬法(間接証明)を用い,女性の身体的・市民的隷属は偶然と暴力と習慣の結果にすぎないとし,さらに権力と民衆の社会契約の必要性の思想にまで至っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

プーラン・ド・ラ・バールの関連キーワード阿部正次山之井河瀬菅雄川瀬菅雄嬉野次郎左衛門ピョートル高校授業料の無償化斎藤徳元杉山杉風ベール

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone