コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘミセルロース ヘミセルロース hemicellulose

翻訳|hemicellulose

4件 の用語解説(ヘミセルロースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘミセルロース
ヘミセルロース
hemicellulose

植物中にセルロースとともに存在する多糖類をいう。アルカリ水溶液に可溶。酸で分解すると単糖類を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘミセルロース(hemicellulose)

多糖類の一種。植物繊維から抽出される。セルロースと構造上の関係はない。擬繊維素

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ヘミセルロース

 植物細胞壁の成分で,アルカリで抽出できる多糖で,主たる物質はキシランであるが,他の多糖も抽出されうる.セルロースは溶けないので,含まれない.研究者によって定義に多少異同がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ヘミセルロース【hemicellulose】

植物繊維から抽出される多糖類の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘミセルロースの言及

【セルロース】より

…γ‐セルロースは,β‐セルロースの沈殿後も溶解している多糖であり,キシラン(キシロースの重合体),マンナン,アラビナン,ウロン酸(カルボキシル基をもつ多糖)などからできている。β‐セルロースとγ‐セルロースを合わせてヘミセルロースと呼ぶ。ホロセルロースは,木材やわらなどセルロースを含む物質から,炭水化物以外の物質を除いた残りをいい,セルロースとヘミセルロースを合わせたものである。…

※「ヘミセルロース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘミセルロースの関連キーワード原形質分離細胞液細胞壁ペントサン膨圧アルカリ植物厚角細胞糖衣カロース食品成分

ヘミセルロースの関連情報