ヘミセルロース(英語表記)hemicellulose

翻訳|hemicellulose

栄養・生化学辞典の解説

ヘミセルロース

 植物細胞壁の成分で,アルカリで抽出できる多糖で,主たる物質はキシランであるが,他の多糖も抽出されうる.セルロースは溶けないので,含まれない.研究者によって定義に多少異同がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘミセルロース【hemicellulose】

植物繊維から抽出される多糖類の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヘミセルロースの言及

【セルロース】より

…γ‐セルロースは,β‐セルロースの沈殿後も溶解している多糖であり,キシラン(キシロースの重合体),マンナン,アラビナン,ウロン酸(カルボキシル基をもつ多糖)などからできている。β‐セルロースとγ‐セルロースを合わせてヘミセルロースと呼ぶ。ホロセルロースは,木材やわらなどセルロースを含む物質から,炭水化物以外の物質を除いた残りをいい,セルロースとヘミセルロースを合わせたものである。…

※「ヘミセルロース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android