ヘラクレオポリス(英語表記)Heracleopolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラクレオポリス
Heracleopolis

エジプトのバニースワイフ西方 16km,ナイル川西岸にあった古代都市。現アハナスあるいはアハナシヤエルマディーナ。上エジプトの第 21ノモスの都で,中エジプトを支配した第一中間期 (前 2181頃~2040頃) の第9,10王朝の王たちは,メンフィス首都とする第8王朝を倒して,ここを首都とし,アクトイ家の支配のもとに上エジプトに勢力を有したが,テーベの諸侯に倒され,この地にあった記念碑は破壊された。 1890~91年に E.ナビーユが発掘し,牡羊頭ハルサフェスの神殿跡を発見したが,第9,10王朝の王たちの墓は未発見である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘラクレオポリス(Herakleopolis)

エジプト、ナイル川下流西岸の都市ベニスエフの西約15キロメートルに位置する古代エジプトの都市遺跡。古代名ネンネス。古王国時代より栄え、第一中間期に盛期を迎えた。古代ギリシャ・ローマ時代に入ってもヘリシェフとよばれる羊頭の神の聖地として知られ、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの名前の由来になったとされる。ヘラクレオポリスマグナ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android