コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラクレスの塔 ヘラクレスノトウ

3件 の用語解説(ヘラクレスの塔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘラクレス‐の‐とう〔‐タフ〕【ヘラクレスの塔】

Torre de Hércules》スペイン北西部、ガリシア州の港湾都市ラ‐コルーニャにある灯台。2世紀に古代ローマ人が建造。18世紀に改築されて現在の姿になった。今も使用されている最古の灯台として知られる。2009年、世界遺産文化遺産)に登録された。エルクレスの塔

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘラクレスの塔【ヘラクレスのとう】

スペイン北西部のラ・コルニャにあるローマ建築の灯台。ヘラクレスの塔アレクサンドリアの大灯台をモデルにつくられたと考えられている。長い間放置されていたが,18世紀に海洋貿易が活発になってきたため改修された,世界唯一のローマ時代からの灯台。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ヘラクレスのとう【ヘラクレスの塔】

2009年に登録されたスペインの世界遺産(文化遺産)で、同国北西部、ガリシア州ラ・コルーニャ県に位置するローマ時代の灯台。2世紀頃建造された世界最古の灯台で、今も現役の灯台として利用されている。高さ55mの石造りで、高さ57mの岩盤上に建つ。1791年、海軍技師ウスタキオ・ジャンニーニによって改築された。◇英名はTower of Hercules

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘラクレスの塔の言及

【ラ・コルニャ】より

…人口23万1721(1981)。ローマ時代の灯台(ヘラクレスの塔)設置にみられるように港町として栄え,現在もスペイン最北西端の商・漁港で国内・外洋航路の基地。造船,魚の加工業がある。…

※「ヘラクレスの塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘラクレスの塔の関連キーワードエルチェスルツエイトカイソルテアツォディロソコトラ諸島世界遺産登録キト市街サンタ-アナ-デ-ロス-リオス-クエンカの歴史地区サンティアゴ-デ-コンポステーラの巡礼路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone