コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルベルト Herbert, Zbigniew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルベルト
Herbert, Zbigniew

[生]1924.10.29. リボフ
[没]1998.7.28. ワルシャワ
ポーランドの詩人,劇作家。知的で深みのある,しかも簡潔な詩を書き,「ヨーロッパの若い詩人で最も独創的で印象に残る一人」とイギリスで評された。政治や文明について批評する目も鋭い。詩集『ヘルメスと犬と星』 Hermes,pies i gwiazda (1957) ,『物の研究』 Studium przedmiotu (61) ,『題字』 Napis (69) ,エッセー『庭園の野蛮人』 Barbarzyńca w ogrodzie (62) ,戯曲集"Dramaty" (70) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルベルト
へるべると
Zbigniew Herbert
(1924―1998)

ポーランド戦後派を代表する詩人。ウクライナのリボフに生まれる。ナチス占領中は国内軍(AK)の一兵士として戦い、1948年に詩人としてデビューした。現代の思想的、道徳的な問題を取り上げながら、ヨーロッパの古典的伝統に連なる内省的な叙情詩が多く、最初の詩集として出版されたのは、56年の『光の弦(つる)』で、以後『ヘルメス、犬、星』(1957)をはじめ自選詩集が71、73、83年に出された。ほかに『戯曲集』(1973)やフランス、イタリア旅行の美学的エッセイ集『庭園の野蛮人』(1962)などもある。[吉上昭三・長谷見一雄]
『篠田一士編、工藤幸雄ほか訳『世界の文学37 現代詩集』『世界の文学38 現代評論集』(1978、79・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘルベルトの関連キーワードブラント(Willy Brandt)ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団オスロ・フィルハーモニー管弦楽団ザルツブルク・イースター音楽祭ドレスデン国立歌劇場管弦楽団ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭ヘルベルト・フォン・カラヤンカラヤン記念聖霊降臨祭音楽祭ウィーン国立歌劇場管弦楽団ベルリン国立歌劇場管弦楽団サンフランシスコ交響楽団リーゼ スティーブンスシュテファン ゾルテスデンマーク放送交響楽団ローター ツァグロセクザ・シンフォニーホールスザンネ クラッテンニコラウス ピーパーエフゲニー キーシン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘルベルトの関連情報