コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルベルト ヘルベルト Herbert, Zbigniew

2件 の用語解説(ヘルベルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルベルト
ヘルベルト
Herbert, Zbigniew

[生]1924.10.29. リボフ
[没]1998.7.28. ワルシャワ
ポーランドの詩人,劇作家。知的で深みのある,しかも簡潔な詩を書き,「ヨーロッパの若い詩人で最も独創的で印象に残る一人」とイギリスで評された。政治や文明について批評する目も鋭い。詩集『ヘルメスと犬と星』 Hermes,pies i gwiazda (1957) ,『物の研究』 Studium przedmiotu (61) ,『題字』 Napis (69) ,エッセー『庭園の野蛮人』 Barbarzyńca w ogrodzie (62) ,戯曲集"Dramaty" (70) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルベルト
へるべると
Zbigniew Herbert
(1924―1998)

ポーランド戦後派を代表する詩人。ウクライナのリボフに生まれる。ナチス占領中は国内軍(AK)の一兵士として戦い、1948年に詩人としてデビューした。現代の思想的、道徳的な問題を取り上げながら、ヨーロッパの古典的伝統に連なる内省的な叙情詩が多く、最初の詩集として出版されたのは、56年の『光の弦(つる)』で、以後『ヘルメス、犬、星』(1957)をはじめ自選詩集が71、73、83年に出された。ほかに『戯曲集』(1973)やフランス、イタリア旅行の美学的エッセイ集『庭園の野蛮人』(1962)などもある。[吉上昭三・長谷見一雄]
『篠田一士編、工藤幸雄ほか訳『世界の文学37 現代詩集』『世界の文学38 現代評論集』(1978、79・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルベルトの関連キーワード散りぼふリボフラビン散ろぼふリボフラビン結合タンパク質リボフラビン欠乏リボフラビン欠乏症ルミフラビンルミフラビン蛍光法モドリボフ岩リボフ,G.E.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘルベルトの関連情報