コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリエッタ・マリア Henrietta Maria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリエッタ・マリア
Henrietta Maria

[生]1609.11.25. パリ
[没]1669.9.10. パリ近郊コロンブ城
イングランド王チャールズ1世の妃。フランス名アンリエット・マリ。フランス王アンリ4世マリ・ド・メディシスの娘でルイ 13世の妹。 1625年結婚。旧教徒で,清教徒革命直前の時代の王の政策に影響を及ぼし,国民の反感を買った。革命勃発後,1644年フランスに亡命。 1660年王政復古により,息子チャールズ2世が復位するとともに帰国したが,1665年フランスに戻り,そのまま同国で没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘンリエッタ・マリアの関連キーワードアンリエット・ダングルテールカーライル(伯妃)メリーランド[州]ジェームズ2世ディグビーカウリージーゲンプリン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android