コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリエッタ・マリア Henrietta Maria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリエッタ・マリア
Henrietta Maria

[生]1609.11.25. パリ
[没]1669.9.10. パリ近郊コロンブ城
イングランド王チャールズ1世の妃。フランス名アンリエット・マリ。フランス王アンリ4世マリ・ド・メディシスの娘でルイ 13世の妹。 1625年結婚。旧教徒で,清教徒革命直前の時代の王の政策に影響を及ぼし,国民の反感を買った。革命勃発後,1644年フランスに亡命。 1660年王政復古により,息子チャールズ2世が復位するとともに帰国したが,1665年フランスに戻り,そのまま同国で没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘンリエッタ・マリアの関連キーワードアンリエット・ダングルテールカーライル(伯妃)メリーランド[州]ジェームズ2世ディグビーカウリージーゲンプリン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android