コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘー=ビュノーバリヤ条約 ヘー=ビュノーバリヤじょうやく Hay-Bunau-Varilla Treaty

1件 の用語解説(ヘー=ビュノーバリヤ条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘー=ビュノーバリヤ条約
ヘー=ビュノーバリヤじょうやく
Hay-Bunau-Varilla Treaty

1903年 11月 18日アメリカパナマの間で結ばれたパナマ運河に関する条約。ヘイ=ビュノーバリヤ条約とも表記される。アメリカが運河の独占的管理権を得るかわりに,パナマのコロンビアからの独立 (1903年 11月3日宣言) を保障し,財政的補償を行うことを規定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘー=ビュノーバリヤ条約の関連キーワードアングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカ松アメリカン亜米利加遠いアメリカアメリカ アメリカアメリカ博覧会在日アメリカ軍基地

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone