ヘーラルト ワルスハップ(英語表記)Gerard Walschap

20世紀西洋人名事典の解説


1898 - ?
ベルギーの作家。
1928年カトリック小説「ワルド」で文壇にデビューし、宗教的色彩の濃い作品「アデライデ」(’29年)や「善意の人」(’36年)を発表する。やがて、異教徒を理想化した「ハウテキート」(’39年)を契機カトリシズムと決別し、合理的ヒューマニズムに傾倒する。他の作品に「息子」(’58年)、「アルメナースの冒険」(’59年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android