コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーリング=ブロイエル反射 ヘーリング=ブロイエルはんしゃ Hering-Breuer's reflex

2件 の用語解説(ヘーリング=ブロイエル反射の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘーリング=ブロイエル反射
ヘーリング=ブロイエルはんしゃ
Hering-Breuer's reflex

迷走神経呼吸反射ともいう。肺の拡張によって延髄の吸息中枢が抑制される反射。肺には伸張受容器があって,肺が拡張するとそれが興奮して延髄にインパルスを送り,肺が縮小するとインパルスが止む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヘーリングブロイエルはんしゃ【ヘーリング=ブロイエル反射 Hering‐Breuer reflex】

肺迷走神経呼吸反射ともいう。呼吸調節機構の一つ。1868年K.E.K.ヘーリングブロイアーJosef Breuer(1842‐1925)が報告したため,この名がある。呼吸は吸息と呼息のリズムから成り立つが,そのリズムは中枢神経によって調節されているほか,末梢からの求心性情報によって影響を受ける。たとえば,吸息によって肺が拡張されると,肺の伸展受容器が刺激され,その受容器からの求心性情報は迷走神経を通って脳幹にある吸息中枢を抑制し,その結果,吸息筋を支配する吸息性神経活動を抑制し,反射的に吸息を呼息に切り替える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヘーリング=ブロイエル反射の言及

【咳】より

…すなわち,気道刺激によって,まず気管支筋の収縮がおこり,これによってさらに二次的に受容器が刺激され,それによって咳がひきおこされるという考え方である。咳は一つ出るとつぎつぎと続くことがあり,この場合は肺の伸展受容器stretch receptorによるヘーリング=ブロイエル反射も関与する。吸う息が深く,急速であるほど,伸展受容器の興奮は大きく,強い呼気すなわち強い咳をひきおこす。…

※「ヘーリング=ブロイエル反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘーリング=ブロイエル反射の関連キーワード腹式呼吸副神経迷走神経外呼吸嫌気呼吸好気呼吸組織呼吸迷走神経切断アシュナー現象呼吸中枢 (respiratory center)しゃっくり副神経ヘーリング=ブロイエル反射迷走神経味覚神経迷走神経切断アシュナー現象耳掃除でせきが出るのはなぜ肺迷走神経反射迷走神経痛