コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベアトゥス本 ベアトゥスぼん Beatus manuscripts

2件 の用語解説(ベアトゥス本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベアトゥス本
ベアトゥスぼん
Beatus manuscripts

スペインの神学者,リエバーナのベアトゥス (798没) の著した『ヨハネ黙示録注釈書』 (10世紀中頃写本,ニューヨークモルガン図書館。975写本,ジローナ聖堂) 。同書は次々と挿絵を入れて転写され,スペインからフランスにいたって,ロマネスク美術の形成に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベアトゥスぼん【ベアトゥス本】

スペイン北部,アストゥリアス地方リエバナLiébanaの修道院長ベアトゥスBeatus(ベアトBeato。?‐798)が,786年ころに著した《黙示録注釈書》およびその転写本の通称。同書はモサラベ典礼の中で重要な位置を占めていた。ベアトゥス自身による原本は失われたが,写本に施された10世紀以降の挿画はモサラベ写本画の貴重な遺例である。それらは竜や悪魔,火災等に苦しむ人間を色鮮やかに表現して,天の軍勢や天上のエルサレムと強い対照をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のベアトゥス本の言及

【黄】より

…他方,黄は硫黄の色で,硫黄は燃えると悪臭を放つところから,悪人を懲罰するためにしばしば用いられたことが聖書に見える(《創世記》19:24,《ヨブ記》18:15~18,《ヨハネの黙示録》19:20など)。この意味での黄色の使用は,中世ヨーロッパの〈ベアトゥス本〉の写本画に著しい。【柳 宗玄】
[黄色と日本人]
 ひとくちに黄色と呼んでも,この名称によって表現される色彩の範囲は個人個人で異なるし,民族や文化によっても異なり,また時代によっても異なる。…

【スペイン美術】より

…聖書や《ヨハネの黙示録》の注解書に付されたモサラベ・ミニアチュールは,古代末期の図像的形態,イスラム的モティーフと色調,スペイン的な表現主義,宗教的な幻視と象徴性が融合したきわめて特異な絵画世界である。その代表作は,8世紀後半にリエバナの修道院長ベアトゥスが《ヨハネの黙示録》に注釈と挿絵を加えたベアトゥス本だが,現存するものは10世紀から13世紀にかけての写本のみである。ロマネスク絵画――壁――は建築同様に,ロンバルディアとビザンティンの影響を受けたカタルニャ派と,フランスの影響を受けた巡礼路沿いの旧カスティリャ派に分かれる。…

【ヨハネの黙示録】より

…それ以来西欧中世,とりわけイスラムによって支配されたスペインで《ヨハネの黙示録》が好まれ表現された。とくに776年ころ修道士ベアトゥスによって書かれた注釈書はもてはやされ,10世紀から13世紀にかけて,その注釈書に彩飾を施した,いわゆるベアトゥス本が制作された。これは,現存するものだけでも20以上を数え,その最古のもの(10世紀中ごろ)はニューヨークのモルガン図書館にあり,イスラム色の強い強烈な色彩と独特の様式化に特徴をみせている。…

※「ベアトゥス本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベアトゥス本の関連キーワードアストゥリアス王国ヒホンペラヨオビエド大聖堂サンタクリスティナデレナ教会サンフリアンデロスプラドス教会アルフォンソ[1世]アストゥリアス革命アストゥリアス皇太子レオン・アストゥリアス王国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone