ベストゥージェフ=リューミン(英語表記)Bestuzhev-Ryumin, Aleksei Petrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1693.6.1. モスクワ
[没]1766.4.21.
ロシアの政治家,外交官。伯爵。ハノーバー,イギリスで大使館員として勤務したあと,1720年デンマーク公使 (のち大使) となった。 40年アンナ・イワーノブナ女帝の顧問官 E.ビロンによりロシアに呼戻され,官房大臣に就任。アンナ女帝の死後,失脚したが,エリザベータ・ペトローブナクーデターに参加 (1741) ,副宰相 (44年より宰相) に抜擢された。以後 58年までの間ロシアの外交を指導。イギリス,オランダ,オーストリアと同盟し,フランス,プロシアトルコに対抗する政策をとった。七年戦争に際してはプロシアと結んだイギリスと戦うのを好まず,58年反逆活動のゆえをもって政敵に捕えられ流刑となったが,のちエカテリーナ2世 (大帝) によって復権され,元帥となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android