ベストナイン(読み)べすとないん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベストナイン
べすとないん

プロ野球で1年間を通して活躍した選手を、日本野球機構が守備のポジションごとに選出し、表彰する賞。ベストナインは和製英語である。セントラルとパシフィックそれぞれのリーグから投手、捕手、内野手4ポジション、外野手3人の各9名と、パ・リーグの指名打者1名をあわせた合計19名が選ばれる。外野手は守備位置に関係なく一律に外野手として扱われる。投票は新聞社、通信社、放送局に所属し、プロ野球を5年以上担当している記者が、各ポジション1名ずつを選出する。各ポジションで得票のもっとも多い選手がベストナインとなり、得票が同数の場合は複数の選手が選ばれることもある。また、この投票結果において、全ポジションを通じて得票数1位の選手を最優秀選手、新人でもっとも得票した選手を最優秀新人として表彰している。
 1940年(昭和15)に第1回のベストナインが発表された後、戦争のために中断し、2回目が行われたのは1947年(昭和22)であった。それ以降毎年表彰が行われており、1950年に1リーグ制から2リーグ制になってからは、各リーグから選出されるようになった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベストナインの関連情報