ベスビオ[山](読み)ベスビオ

百科事典マイペディアの解説

ベスビオ[山]【ベスビオ】

イタリア南部,ナポリ南東12kmにある活火山。標高1281m。二重火山で,中央火口の直径は約500m。南東約12kmに79年の大爆発で埋没したポンペイの遺跡がある。その後も50回以上の噴火が繰り返され,1845年に世界初の火山観測所がつくられた。1880年には標高800mから火口縁(1200m)まで《フニクリ・フニクラ》で有名なフニコラーレ(索道鉄道)が開通したが,1944年の溶岩流出を伴う噴火で破壊され,現在は腰掛けリフトが運行されている。
→関連項目アペニン[山脈]カンパニア[州]地中海火山帯ナポリプリニウス[小]プリニウス[大]プリニー式噴火ヘルクラネウムポンペイ,ヘルクラネウム,トッレ・アヌンツィアータの考古学地域

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベスビオ[山]【Vesuvio】

ヨーロッパ大陸唯一の活火山。古称ウェスウィウスVesuvius。ナポリの東12kmに位置し,底面直径約15kmの複合成層火山を総称していうが,厳密には外輪山をなすソンマSomma(最高峰1132m)と中央丘である狭義のベスビオ(標高1281m)より構成されることからソンマ・ベスビオと称される。初期のソンマ火山は標高3000mに達したと考えられるが,前8世紀ころの大噴火により,山頂火口が拡大され,その後,79年まで活動は休止した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベスビオ[山]の言及

【ウィラ】より

…保養地の楽しみのためのものと,所領の経営をおもな目的とするものがあった。後者の遺構はフランス,ライン地方,イングランド,北アフリカなどでも発掘されているが,特に重要なのは,イタリアのウェスウィウス(ベスビオ)山麓で発掘された約40のウィラで,紀元79年の大噴火の時の火山灰に埋もれていたものである。ウィラの建物は,主人の居住用の部分と所領経営のための部分とからなり,後者には大きなブドウ搾り器,オリーブ搾り器,ブドウ酒醸造場,脱穀場などがあった。…

【ポンペイ】より

…イタリアの古代都市。カンパニア州北西部,ナポリの南東約23kmのナポリ湾沿岸,ベスビオ山の南麓に位置する。交通の要衝,肥沃な後背地などの条件によりオスキ人がまず集落をつくった。…

※「ベスビオ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android