コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベスビオ[山] ベスビオ

2件 の用語解説(ベスビオ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベスビオ[山]【ベスビオ】

イタリア南部,ナポリ南東12kmにある活火山。標高1281m。二重火山で,中央火口の直径は約500m。南東約12kmに79年の大爆発で埋没したポンペイの遺跡がある。
→関連項目アペニン[山脈]カンパニア[州]地中海火山帯ナポリプリニウス[小]プリニウス[大]プリニー式噴火ヘルクラネウムポンペイ,ヘルクラネウム,トッレ・アヌンツィアータの考古学地域

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベスビオ[山]【Vesuvio】

ヨーロッパ大陸唯一の活火山。古称ウェスウィウスVesuvius。ナポリの東12kmに位置し,底面直径約15kmの複合成層火山を総称していうが,厳密には外輪山をなすソンマSomma(最高峰1132m)と中央丘である狭義のベスビオ(標高1281m)より構成されることからソンマ・ベスビオと称される。初期のソンマ火山は標高3000mに達したと考えられるが,前8世紀ころの大噴火により,山頂火口が拡大され,その後,79年まで活動は休止した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のベスビオ[山]の言及

【ウィラ】より

…保養地の楽しみのためのものと,所領の経営をおもな目的とするものがあった。後者の遺構はフランス,ライン地方,イングランド,北アフリカなどでも発掘されているが,特に重要なのは,イタリアのウェスウィウス(ベスビオ)山麓で発掘された約40のウィラで,紀元79年の大噴火の時の火山灰に埋もれていたものである。ウィラの建物は,主人の居住用の部分と所領経営のための部分とからなり,後者には大きなブドウ搾り器,オリーブ搾り器,ブドウ酒醸造場,脱穀場などがあった。…

【ポンペイ】より

…イタリアの古代都市。カンパニア州北西部,ナポリの南東約23kmのナポリ湾沿岸,ベスビオ山の南麓に位置する。交通の要衝,肥沃な後背地などの条件によりオスキ人がまず集落をつくった。…

※「ベスビオ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベスビオ[山]の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパハンメルフェスト南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ連合旧大陸ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ級

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone