ベッリーニ(Gentile Bellini)(読み)べっりーに(英語表記)Gentile Bellini

  • 1429ころ―1507

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリア、ベネチア派の画家。ヤコポ・ベッリーニの長子で、ジョバンニの兄。ベネチアに生まれ、同地に没。幼時よりパドバの父の工房に学ぶ。プロフィールを主とする肖像画を得意とし、ベネチア共和国の公用画家として、『ベンドラミン総督』(フリック・コレクション)など数多くの総督の肖像画を残している。その精確な描写力は高く評価され、1479~82年にはコンスタンティノープル(イスタンブール)に派遣され、『マホメット2世の肖像』(ロンドン、ナショナル・ギャラリー)などを描く。肖像画以外にもスクオーラ・グランデ・サン・マルコやパラッツォ・ドゥカーレの装飾に携わり、現存する主要作品としてはスクオーラ・ディ・サン・ジョバンニ・エバンジェリスタの装飾があげられる。その『サン・マルコ広場の行列』(1496・ベネチア、アカデミア美術館)および『聖十字架伝説』(1500・同上)は、街の風景を忠実に描写し、カルパッチョからカナレットに至る街景画(ベドゥータ)の先駆をなしている。

[三好 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android