コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネチア派 ベネチアはScuola Veneziana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネチア派
ベネチアは
Scuola Veneziana

イタリア北東部の商業都市ベネチアを中心に,15世紀後半から 16世紀にかけて活躍した美術の流派。絵画,彫刻,建築の各分野でそれぞれ共通したベネチア的性格が見出されるが,一般には主として絵画の流派をさす。フィレンツェ派の造形的な形態主義に対して,絵画的な色彩主義を特色とする。アドリア海貿易による富裕なこの都市の現世的で享楽的な雰囲気も,この画派の性格形成に大きく参与している。その地理的,歴史的環境から,北方のドイツやフランドルとの相互影響が強い反面,東方オリエント諸国との美術交流も古くから活発であった。これらの多様式を融合し,重厚,華麗な色彩主義によるこの地独特の様式を確立したのがベリーニ一族とムラノ島のビバリーニ一族であったが,特に前者の果した役割が大きい。まずヤコポ・ベリーニは,北方ゴシック様式の帰依者ファブリアーノやピサネロらの影響を大きく受け,それと従来この地に支配的な東方ビザンチン様式との融合をはかった。彼の息子ジェンティーレとジョバンニも,父の業績を受継ぎ,よく発展させて,明朗で華麗な色彩主義の方向を推し進める。そして前者の門下からカルパッチオが,後者の門下からジョルジョーネティツィアーノ,パルマ・ベッキオ,ピオンボらが輩出し,ここに 15世紀後半から 16世紀にかけての同派の最盛期を迎える。この間,ヤコポの女婿マンテーニャやムラノ派のクリベリやシチリア島メッシナ出身のアントネロ・ダ・メッシナらの同派への寄与も見逃せない。さらに,ティツィアーノのあとをうけたティントレットや P.ベロネーゼらの活躍は同派の爛熟期をもたらし,16世紀後半のイタリア絵画活動の主導的地位を決定づけた。しかも,彼らの長い絵画活動は,その晩年には,それぞれマニエリスムやプロト・バロックの画風をみせ,同時代の作家に大きな影響を与えている。 17~18世紀には,同派から大壁画家ティエポロおよび風景画家のカナレット,グァルディ,ロンギらが出て活躍し,そのすぐれた伝統の発揮がみられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベネチア‐は【ベネチア派】

ベネチアで栄えた美術の流派。特にルネサンス期および18世紀に、豊かな色彩と光の表現により感覚的、官能的な美を追求した画家たちをさすことが多い。ルネサンス期ではベリーニ父子・ジョルジョーネティツィアーノティントレットベロネーゼカルパッチョ、18世紀ではティエポロカナレットなどが代表的画家。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベネチア派【ベネチアは】

おもに15―16世紀,18世紀の2度にわたって黄金時代を迎えたベネチアの美術をさす。フィレンツェ派とともにイタリア・ルネサンスを代表し,華麗な色彩美と豊かな情感の表出を特色とした。
→関連項目セバスティアーノ・デル・ピオンボパルマ・イル・ベッキオフィレンツェ派マンテーニャモンティセリロット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベネチアは【ベネチア派】

広義には,ベネチアが都市共和国として政治的経済的な繁栄を誇った中世から18世紀にかけて,この都市(および周辺のベネト地方)で生み出された美術全般をいうが,実質的には,とくに15~16世紀と18世紀に2度にわたって黄金時代を迎えたベネチア絵画を指す。 ベネチアの美術は11世紀以来のサン・マルコ大聖堂のモザイク装飾に始まると言えるが,この都市の地理的・歴史的環境からビザンティン美術の影響が長く残存し,その影響は,十分な発展を遂げなかった同地のロマネスクやゴシック美術の性格をも色濃く規定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ベネチアは【ベネチア派】

ルネサンス時代、ベネチアを中心に活躍した画派。明るい色彩感覚による、官能的で華やかな表現が特徴。ベリーニ父子・ティツィアーノ・ティントレットらが代表的画家。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネチア派
べねちあは
scuola veneziana

イタリアの都市ベネチアを中心に栄えた美術の流派。とくに15世紀後半から16世紀、および18世紀に著しい展開をみせた絵画に限定して用いられることが多い。描線に対する関心の強い知性的なフィレンツェ派に比べ、ベネチア派は色彩に重点を置き、感覚的、官能的な美を追求した。ベネチアの美術の出発点は11世紀に再建されたサン・マルコ大聖堂とその内部を飾るモザイクであった。このビザンティン的な装飾性と北からのゴシック様式とは、ベネチアの地に深く浸透した。そのためトスカナに生まれたルネサンス様式の受け入れが、イタリアのほかの地方に比べ、つねにもっとも後れをとった。ジョットの偉大な革新に呼応するような画家はまったく現れず、15世紀に入っても、ファブリアーノやピサネッロらの外来の美術家が活躍していた。この世紀のなかばになってようやくビバリーニVivarini〔アントニオ(1418/20―76/84)、バルトロメオ(1432―91以後)、アルビーゼ(1445/46―1503/05)〕とベッリーニ〔ヤコポ、ジェンティーレ、ジョバンニ〕の二つの画家一族がベネチア派絵画の発展の基礎をつくった。とくにジョバンニ・ベッリーニはテンペラ画から油彩画への過渡期に活躍し、暖色系の色彩を用いて形態そのものをつくりだし、ベネチア派の基本的特色を確立した。この時期にはカルパッチョ、アントネッロ・ダ・メッシーナ(シチリア出身)、建築家のマウロ・コドゥッチMauro Coducci(1440―1504)らも活躍している。16世紀にはジョルジョーネが自然と密着した詩情あふれる叙情性を画面に導入し、ティツィアーノは官能的な色彩からドラマチックな光の効果に至る幅の広い様式展開をみせ、続いてピオンボ(ローマで活躍)、ロット、ティントレット、ベロネーゼなどが輩出しベネチア派の黄金時代を迎えた。建築ではパッラディオが目覚ましい活躍を示した。17世紀は建築家のロンゲーナBaldassare Longhena(1598―1682)を除くと概して停滞に終わったが、18世紀にはピアッツェッタ、ティエポロ、カナレット、グァルディ、ロンギなどの画家が現れ、ベネチア派の最後の光芒(こうぼう)がみられた。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベネチア派の言及

【ティエポロ】より

…イタリアの画家。ベネチア派最後の大装飾画家で18世紀イタリアのロココ文化を代表する。ベネチアの裕福な船荷商人の家に生まれ,ラッザリーニG.Lazzariniのもとで修業した後,1717年,21歳で画家組合に登録される。…

【ティツィアーノ】より

…イタリアの画家で,16世紀ベネチア派最大の巨匠。アルプス山麓のピエベ・ディ・カドレPieve di Cadoreで由緒ある公証人の家系に生まれる。…

【ティントレット】より

…イタリアの画家。ベロネーゼと並んで16世紀後半のベネチア派を代表する巨匠。本名ヤコポ・ロブスティJacopo Robusti。…

【バロック美術】より

…すなわち,ルネサンスとバロックの間にマニエリスムを認めることによって,バロックはマニエリスムの反古典的方向を止揚し,ルネサンスの秩序と形式を一部回復させようとしたものであることが明らかになった。このことは,ルーベンス,カラッチ,ピエトロ・ダ・コルトナ,プッサンなどが〈新ベネチア派〉とも呼ばれているように,16世紀前半のベネチア派,とくにティツィアーノの芸術からもっとも深い影響を受けていたことによって証明される。レンブラント,ベラスケスもまたベネチア派と深い関係をもつ。…

【ベネチア】より

…バロック時代には,ロンゲーナの手で,水辺に調和する優美なサンタ・マリア・デラ・サルーテ教会,カ・ペーザロなどがつくられた。 美術の分野でも東方の影響が強く,形態の構成を重視するフィレンツェ派に対し,ベネチア派は光と色彩に鋭い感覚を示す。ビザンティン的画風にゴシック様式を取り入れたヤコポ・ベリーニ(ベリーニ一族)に始まったベネチア派の絵画は,その2人の息子ジェンティーレ,ジョバンニ,さらにカルパッチョ,ジョルジョーネらに引き継がれた。…

【ベリーニ一族】より

…ベネチアの画家一族。父子2代にわたってルネサンス期ベネチア派の形成に指導的な役割を演じた。(1)ヤコポJacopo Bellini(1400ころ‐70か71)はジェンティーレ・ダ・ファブリアーノの弟子で,師の後期ゴシック様式の影響を強く受けて画風を形成する。…

※「ベネチア派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベネチア派の関連キーワードベッリーニ(Jacopo Bellini)サンジョルジョデッリスキアボーニ信徒会ベネチアへ贈り物を捧げるユノーヴィットーレ カルパッチョドレスデンのヴィーナス眠れるヴィーナスカルミニ大信徒会ボニファツィオ聖ステパノ教会レヴィ家の饗宴ブレラ美術館コロンナ宮殿スキアボーネポルデノーネ聖愛と俗愛テンペスタ田園の奏楽神々の祝宴最後の晩餐リッツォ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベネチア派の関連情報