コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス2世 ベネディクツスにせいBenedictus II

1件 の用語解説(ベネディクツス2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス2世
ベネディクツスにせい
Benedictus II

[生]?. ローマ
[没]685.5.8. ローマ
ローマ出身の第81代教皇(在位 684~685)。聖人。教皇アガト(在位 678~681)とレオ2世(在位 682~683)のもとで司祭を務め,レオ2世の死後,683年に教皇に選出された。しかしビザンチン皇帝コンスタンチヌス4世(在位 668~685)から承認を得た正式な登位は 684年6月となり,教皇の空位期間はほぼ 1年に及んだ。聖職者とローマ市民による選挙からビザンチン皇帝の承認までの時間差を解消するため,ラベンナ総督(副王)に教皇選挙の承認権を与えるようコンスタンチヌス4世に求めたが,そののちも皇帝による承認が続いた。ヨークの司教ウィルフリドの地位回復に関するアガトの命令を追認した。また,複数の教会を再建した。祝日は 5月8日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベネディクツス2世の関連キーワード新羅(しらぎ)式年遷宮石勝線の特急列車脱線炎上事故JR石勝線の特急列車脱線炎上事故桓公玄宗バンコク浅間[温泉]桓公山田寺

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone