コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス2世 ベネディクツスにせいBenedictus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス2世
ベネディクツスにせい
Benedictus II

[生]?. ローマ
[没]685.5.8. ローマ
ローマ出身の第81代教皇在位 684~685)。聖人。教皇アガト(在位 678~681)とレオ2世(在位 682~683)のもとで司祭を務め,レオ2世の死後,683年に教皇に選出された。しかしビザンチン皇帝コンスタンチヌス4世(在位 668~685)から承認を得た正式な登位は 684年6月となり,教皇の空位期間はほぼ 1年に及んだ。聖職者とローマ市民による選挙からビザンチン皇帝の承認までの時間差を解消するため,ラベンナ総督(副王)に教皇選挙の承認権を与えるようコンスタンチヌス4世に求めたが,そののちも皇帝による承認が続いた。ヨークの司教ウィルフリドの地位回復に関するアガトの命令を追認した。また,複数の教会を再建した。祝日は 5月8日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベネディクツス2世の関連キーワードヨハネス5世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android