コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス7世 ベネディクツスななせいBenedictus VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス7世
ベネディクツスななせい
Benedictus VII

[生]?. ローマ
[没]983.7.10. ローマ
ローマ出身の第135代教皇在位 974~983)。教皇領ストリの司教だったが,神聖ローマ皇帝オットー2世(在位 967~983)の名代シッコ伯により,対立教皇ボニファチウス7世(在位 974,984~985)が追放され,そののち教皇に選出された。修道生活の正しい理念を広め,特に 981年の回勅聖職売買を禁止した。またオットー2世と有力貴族クレスケンチウス家の双方の支持を得て,在位中は平和が保たれた。981年にオットー2世との合意によりメルゼブルクの司教職を廃止したが,今日では中央ヨーロッパへの布教の妨げとなったと評価されている。ベネディクツス7世とオットー2世は協力関係を維持し,ともに 983年に死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベネディクツス7世の関連キーワードボニファチウス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android