コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネト語 ベネトごVenetic language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネト語
ベネトご
Venetic language

紀元前にイタリア北東部で行われていた言語。前5~1世紀の約 200の短い碑文によって知られる。インド=ヨーロッパ語族イタリック語派に属するか,イリュリア語に近いかで説が分れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベネト語【ベネトご】

インド・ヨーロッパ語族に属する言語。ベネチア地方で広範囲に出土した,前6世紀から前1世紀ごろの碑文中の言語で現在は死語。イリュリア語の一方言とみなされてきたが,最近ではラテン語との類似からイタリック語派に入れる説が有力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベネトご【ベネト語 Venetic】

インド・ヨーロッパ語族に属する言語。〈イリュリアのウェネティ〉という古代作家の伝承によって,かつてはイリュリア語派の中心をなすとみなされたが,現在ではイタリック語派の一言語とする説が有力である。その資料はポー川の北部から北イタリアに,また東はトリエステ周辺までと,かなり広範囲に出土した約360の碑文で,エトルリア系の文字で書かれている。年代は前6~前1世紀。12語以上の長い碑文がなく,また450ほどの語彙があるにもかかわらず,その半数は人名であるため,動詞の活用など不明な点が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベネト語の関連キーワードインド・ヨーロッパ語族紀元前

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android