コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベバリッジ ベバリッジ Beveridge, Albert Jeremiah

3件 の用語解説(ベバリッジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベバリッジ
ベバリッジ
Beveridge, Albert Jeremiah

[生]1862.10.6. オハイオハイランド
[没]1927.4.27. インディアナインディアナポリス
アメリカの政治家,歴史家。 1899~1911年イリノイ州選出の連邦上院議員。 12年 T.ルーズベルト革新党を結成。 14,22年連邦上院議員に立候補したが落選。すぐれた歴史家でもあり,主著『ジョンマーシャルの生涯』 The Life of John Marshall (1916~19) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベバリッジ
ベバリッジ
Beveridge, William Henry, 1st Baron; Beveridge of Tuggal

[生]1879.3.5. ラングプール
[没]1963.3.16. オックスフォード
インド生れのイギリスの法律学者,経済学者。オックスフォード大学卒業後弁護士となったが,1903年トインビー・ホールの副館長に就任して社会問題,失業問題の研究にたずさわるかたわら,『モーニングポスト』紙の論説を担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベバリッジ【William Henry Beveridge】

1879‐1963
イギリスの経済学者,社会政策学者。父の任地インドに生まれ,オックスフォード大学に学び,その法学講師となった。一時《モーニング・ポスト》紙論説委員。その後商務省入りをし失業問題を研究し,失業の原因が労働者個人にではなく労働力市場の不完全性にあることを実証した《失業論》(1909)を世に問い,職業紹介所の創設に参画(1908)した。第1次世界大戦中は軍需省や食糧省に勤務。新設のロンドンスクール・オブ・エコノミックスの初代学長(1919‐37),オックスフォード大学のユニバーシティカレッジ学長(1937‐45)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のベバリッジの言及

【ベバリッジ報告】より

…イギリスで1941年6月に創設された〈社会保険および関連サービス各省連絡委員会〉(委員長W.H.ベバリッジ)が翌年11月に提出した報告書。ビバリッジ報告ともいう。…

※「ベバリッジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベバリッジの関連キーワード大河内一男金井延ブレンターノワーグナーセン河田嗣郎河津暹岸本英太郎《社会政策学会趣意書》《二重社会の経済学と経済政策》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベバリッジの関連情報