コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルガマ Bergama

デジタル大辞泉の解説

ベルガマ(Bergama)

トルコ西部の都市。紀元前3世紀から前2世紀にかけて、ペルガモン王国の首都として栄え、アクロポリスアテナ神殿、トラヤヌス神殿、劇場のほか、アスクレピオンクズルアウルなどの遺跡が残っている。同地で発掘されたヘレニズム期の出土品を展示するベルガマ博物館があるが、「ゼウスの大祭壇」などの重要なコレクションは、現在ドイツのペルガモン博物館が所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ベルガマ【Bergama】

トルコ西部,イズミルの北90km,エーゲ海から約20km内陸に入ったイズミル県の都市。人口10万1000(1990)。古代にはペルガモンと呼ばれ,ペルガモン王国の首都であった。ビザンティン帝国時代には,アラブやトルコの侵入をうけることもあったが,商業の中心地として繁栄した。オスマン帝国時代には地方行政の中心で,トルコ共和国成立後,住民交換によってギリシア人はこの地を去り,トルコ人の町となった。現在も,神殿,野外大劇場,図書館などの遺跡が数多く残っており,トルコ有数の観光地となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベルガマの言及

【ペルガモン】より

アッタロス1世の時代,ガリア人に対する勝利を記念して作られた《死のガリア人》《妻を殺し自殺するガリア人》などの群像彫刻(ローマ,カピトリーノ美術館・テルメ美術館)や,エウメネス2世の時代の壮麗なゼウスの大祭壇とそのフリーズを飾る《神々と巨人の戦い(ギガントマキア)》の浮彫(ベルリン,ペルガモン美術館)など,ヘレニズム期ギリシア美術の貴重な遺物の出土で知られる。ローマ支配下においても繁栄を続け,716年アラブに破壊されてからは衰微の一途をたどったが,近代になってからはトルコのベルガマ市として復活し,この地方の産業・行政の中心地になっている。ペルガモンの発掘は1878年ドイツ人技師フーマンC.Humannとベルリン博物館のコンツェA.Conzeによって始められ,その後デルプフェルト,ウィーガントT.Wiegandらの考古学者に受け継がれた。…

※「ベルガマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルガマの関連キーワードドビュッシー:ロマンティックなワルツ/piano soloドビュッシー:ピアノのために/piano soloベルニーナ・アルプスペルガモン祭壇ベルガマスクパーチメントアクヒサルトルコ絨毯ベルガモパスピエ月の光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android