コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベロッホ ベロッホ Beloch, Karl Julius

2件 の用語解説(ベロッホの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベロッホ
ベロッホ
Beloch, Karl Julius

[生]1854.1.21. ニーダーシュレジエン
[没]1929.2.1. ローマ
ドイツ生れの古代史家。イタリアパレルモローマ大学に学び,長くローマ大学教授をつとめた。古代社会の経済の発展段階を近代的なそれと解するベロッホと,家内経済の段階にあったと主張する K.ビューヒャーとの間の論争は有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベロッホ
べろっほ
Karl Julius Beloch
(1854―1929)

ドイツの古代史家。ドイツのシュレージエン地方に生まれる。1879年以降生涯の大半をローマ大学教授として送った。その著書『ギリシア・ローマ世界の人口』Bevlkerung der griechisch-rmischen Welt(1886)は、古代人口研究の基礎文献として今日も高く評価されている。ほかに、厳しい伝承批判を特色とする『ギリシア史』Griechishe Geschichte四巻(1893~1904)等の著書がある。[中村 純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベロッホの関連キーワードリーダーシップ・ブランドボーダーシュミーダー番号ソニーリーダーボーダーズリーダーシステムリーダーシップサーベイリーダーシップスコアレーダー学習用ニーダー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone