ベン ニコルソン(英語表記)Ben Nicholson

20世紀西洋人名事典の解説


1894.4.10 - 1982.2.6
英国の画家。
バッキンガムシャーデナム生まれ。
画家ウィリアム・ニコルソンの息子で、スレード美術学校を中退後独学で絵を修得、はじめ米仏で学びキュビスムの影響を受け、次にモンドリアンと出合い造形思想に共鳴。1933年パリの「抽象・創造」展覧会に参加、’37年ガボ、ペブスナー等と構成主義雑誌「サークル」刊行、作品は淡色の甘美な抒情ときびしい抑制でイギリス的特色を保ち「モンテ・アルチノ」(’55年、ミルウォーキー、個人蔵)等がある。’52年カーネギー国際祭一等受賞、’56年グッゲンハイム財団賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1894年4月10日
イギリスの画家
1982年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android