コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンガル分割令 ベンガルブンカツレイ

デジタル大辞泉の解説

ベンガルぶんかつ‐れい【ベンガル分割令】

1905年、イギリスのインド総督カーゾンが発した法令。反英民族運動を分裂させる目的で、ベンガル州をイスラム教徒多住地域とヒンズー教徒多住地域とに二分したが、かえって反英闘争を激化させ、1911年に廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ベンガルぶんかつれい【ベンガル分割令】

1905年イギリスのインド総督カーゾンが実施した法令。ベンガル州をヒンズー教徒多住地域(西ベンガル)とイスラム教徒多住地域(東ベンガル)に二分し、民族運動の分裂を策したが、かえってティラクらの反英闘争を激化させ、11年廃止。 → スワラジスワデシ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ベンガル分割令の関連キーワードムスリム連盟スワラジティラク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android