ベーム・バベルク(読み)べーむばべるく(英語表記)Eugen von Böhm-Bawerk

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベーム・バベルク
べーむばべるく
Eugen von Bhm-Bawerk
(1851―1914)

オーストリアの経済学者。モラビアの副知事の息子としてブリュンに生まれる。ウィーン大学法学部に学んだのち、経済学を志してハイデルベルク、ライプツィヒ、イエナの各大学に学んだ。1889年大蔵省に入り、95年から三度大蔵大臣となったが、1904年ウィーン大学教授となって以後は研究に専念した。
 彼の業績は、第一に義兄ウィーザーとともにメンガーの主観価値学説の拡充に努めたことがあげられる。第二は、その立場から資本利子について独自の学説を『資本と資本利子』の第一巻(1884)および第二巻(1894)で展開したことである。そこでは、従来の利子論を分類し批判したのち、資本は迂回(うかい)生産の手段であり、資本の所有者は蓄積によって現在消費を抑制されるが、現在消費と将来消費の時差が利子を生み出すのであるという、いわゆる時差説(打歩(うちぶ)説)を提唱した。これはやがて利子の限界生産力説に至るもので、シュンペーター、ハイエク、ウィクセルらに大きな影響を与えた。第三はマルクス価値論批判で、とくに『資本論』の第一部と第三部の間の矛盾をついた。これはのちにヒルファーディングによって反批判されたが、今日でもマルクス批判の根拠の一つになっている。[一杉哲也]
『長守善訳『経済的財価値の基礎理論』(岩波文庫) ▽木本幸造訳『マルクス体系の終結』(1969・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android