コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時差説 じさせつ Zeitagiotheorie; time preference theory

2件 の用語解説(時差説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時差説
じさせつ
Zeitagiotheorie; time preference theory

E.ベーム=バウェルクの著書『資本と資本利子』 (1884~89) によって明確な形で展開された資本の供給論。現在財の将来財に対する価値評価の優越によって資本の供給を説明しようとするもので,打歩説 agio theoryともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時差説
じさせつ
time preference theory

利子学説の一つで、打歩(うちぶ)説ともいい、オーストリアの経済学者ベーム・バベルクが唱えたもの。一般に、将来における欲望の充足は、現在における欲望の充足よりも低く評価される。したがって、現在の欲望を満足させる現在財を放棄して(貯蓄して)、将来の欲望を満足させる将来財(将来消費)と交換するとき、前者を表す貨幣量は後者を表すそれよりも高く評価される。そこで、将来財を得るための貨幣量(貯蓄)を借りる人は、現在財が将来財より高く評価される量だけの打歩=利子を貸し手(貯蓄者)に支払わなければならない。また現在の欲望を抑えて貯蓄すると、それが迂回(うかい)生産によってより多くの将来財を生み出すので、同一量の財でも将来財より現在財が高く評価され、その評価の差だけの打歩=利子が支払われなければならないとされる。この説は、個人の主観から利子を説明する点や、将来財が迂回生産を通じて多量に生産されるにしても、かならずしも価値的に大となるとは限らない点において批判されている。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時差説の関連キーワード貨幣資本資本構成独占資本主義総資本資本深化資本浅化ベームバウェルク流通資本生産期間《ベーム・バウェルクのマルクス批判》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

時差説の関連情報